低金利のクレジットカードを任意整理するメリットとは?

| コメント(0) | トラックバック(0)
最近、CMなどで過払い金返還請求という言葉を耳にすることが増え、一般的になった感がありますが、任意整理の手続きについてはまだあまり知られていない部分があるようです。任意整理と過払い請求を混同して、利息制限法の上限を超えた金利設定をする金融業者についてしか任意整理をするメリットはないという勘違いさえあるように思えます。

任意整理というのは、返済困難となった債務者が、司法書士や弁護士に依頼し、債権者との間で交渉をしてもらうという債務整理手続きです。複数のサラ金等から借り入れがあり、自転車操業となってしまったような場合によく利用されます。
具体的な手続きとしては、取引開始当初からのすべての貸付と返済につき、利息制限法に基づいて引き直し計算をして、その計算により算出された債務残高について、今後の利息のカット、3~5年での分割払いなどの交渉をしていくということになります。

この、利息制限法による引き直し計算と過払い金の部分のみがクローズアップされ、銀行カードローンやクレジットカードの立替金の利用などのような、法定金利での取引については任意整理のメリットがないような勘違いが多いようにおもいます。上記のとおり、任意整理手続きは、利息制限法の計算と、将来利息のカット等の交渉の2つから成ります。したがって、法定金利で引き直し計算ができない銀行カードローンやクレジットカードの立替金の場合にも、今後の利息を完全カットしてもらったうえで長期の分割払いを債権者に承諾してもらうことができれば、今後発生するはずの利息分のメリットがあるということになります。

【参考】クレジットカード任意整理の成功事例

任意整理のメリットはこれだけではありません。通常、任意整理の手続きを弁護士等に依頼した場合、履歴の開示、計算、交渉、合意に至るまで、半年近い期間がかかります。この期間中、債務の支払いはストップできるため、この期間で家計の立て直しができることが多いのです。もちろん、債務整理の報酬はこの期間中に支払わなければいけませんので、まったく債務の負担がないというわけではありませんが、収入が多く、返済さえなければ可処分所得がかなり見込めるというような方であれば、この期間中に、貯金をすることさえも可能となることもあります。

このように、任意整理の手続きは非常にメリットが大きい手続きです。しかし、債務や財産の状況により、最適な手続きは異なります。自己破産が最適な人もいれば、任意整理が最適な人もいます。そのあたりを判断してもらうためにも、一度専門家の判断を仰ぐべきであるでしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://overpaying-osaka.com/mt/mt-tb.cgi/6

コメントする

このブログ記事について

このページは、webmasterが2011年5月 3日 19:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「貸金業者が債権譲渡した場合(最高裁平成23年3月22日判決)」です。

次のブログ記事は「司法書士の報酬に関する日司連の指針」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。