民法で言うところの不当利得返還請求の手続きとなります

最近は、不景気のため、リストラや企業の倒産や給与が減少したりなど、あまり良い話は聞きませんよね。
そんなとき、借金をしていたりすると、途端に借金返済に響いてきます。
借金もいろいろな借金がありますと、複数借金をすると、最終的にかなり利息が高いものに手を出してしまうこともありますよね。
そんな高い利息を払うだけでも大変なことです。
ただそんな高い利息。
本当に利息が適切か考えてみたことはありますか??

まず、過払いとは何でしょう。
過払いとは、利息制限法を越えた金利については無効とし、払いすぎた部分は負債の元金に相殺計算することを繰り返し、約定の負債が消滅したのちにも返済を継続したことにより発生した過払い金の返還請求をおこなうことにより、払いすぎ金利を払い戻すことができます。民法で言うところの不当利得返還請求の手続きとなります。
ただし、こういった法的な手続きとなると、自分ひとりで考えることはなかなか難しいですね。
やはり一度、法的な相談に乗ってくれるところに相談し。

このブログ記事について

このページは、webmasterが2010年5月24日 19:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「弁護士さんは、お近くの弁護士会に電話して、最寄りの法律相談会を紹介してもらえれば、すぐにでも見つかるでしょう」です。

次のブログ記事は「消費者金融からお金を借りていませんか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。