電車の広告やテレビCMで過払い金返還についてみることはあっても、自分が請求可能かどうかは、なかなかわかりません

実際返済してる最中ですと、きっと「過払い」って何?的な疑問を持たれるかもしれません。私だってこうしてネットでようやく知ったのが一昨年くらいのことだったでしょうか?電車の広告やテレビCMで過払い金返還についてみることはあっても、自分が請求可能かどうかは、なかなかわかりません。請求できるかどうかわからないのに、相談してみる気もなかなか起きないとおもいます。そもそも、過払い金っていったいなんなんでしょうか?

多分、お金の払いすぎって事は容易に想像がつくと思いますが、この法治国家である日本でそういった間違いが起こるはずが無かろうって思うのが善良な市民ってものです。今となっては消費者金融もほとんど銀行の傘下に入ったんじゃないかなって思うけど、まあそれはいいとして、とにかくこの世の中日本といえども良い人ばかりではない。法律のグレーゾーンを利用してかなり法外な利息を掛けてたなんていうのが当たり前のように横行してた時期があったんですな。それもごく最近まで。さて、ここからが本題ですが、細かい事は抜きにして、そうした消費者金融とかから借り入れをして、数年間支払ってる方、又は完済された方。今すぐ・・じゃなくてもいいんですが、暇があったら一度弁護士さんですとか司法書士さんに、「過払いになってるなんて事あります?」的に聞いてみましょう。

すでに返済が終わってしまった方も確かめてみる価値がありますからね。そう、返しちゃっても過払いだったら取り返せるんですよ。タイムリミットは返済完了後10年。どうでしょう?取り返せるもんは取り返しませんか?

このブログ記事について

このページは、webmasterが2010年5月20日 13:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「貸金業法と利息制限法の改正に伴い、ほとんどのローン会社では金利を下げていますが」です。

次のブログ記事は「貸金業規制法43条という条文がありましたが、廃止されました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。