貸金業規制法43条という条文がありましたが、廃止されました

 過払いとは、利息制限法に決められている利子よりもはるかに越える利率を設定することで、借主が、利息制限法に従った金利率だったら借りたお金の支払い(返済)がとっくに終了しているのにも拘わらず、返済を継続していた為に消費者金融会社などに余分に支払ってしまったお金のことをいいます。要は「払いすぎたお金」という意味です。以前は、貸金業規制法43条という条文があり、例外的に利息制限法の上限を超えた金利が有効となることがありました。しかし、判例の積み重ねにより、実質的に43条は無効化されたのです。これが、過払い金が発生した事情のひとつです。
 過払い金返還請求は、債務整理(債務整理には自己破産、個人民事再生、任意整理、特定調停などがあります)の一つの手段として数えられます。過払いに対応するものは任意整理となります。任意整理とは法律専門家が貸金業者と話し合いをし、借金の総額や返済期間などを新しく決める方法です。返済金額を少なくし、分割支払いとなるよう話し合いを進めます。
 借金がとっくに返済が終わってるはずなのに終わらない人、東京周辺だったら東京の、関西、大阪に住んでいる方だったら大阪の弁護士に相談してみてはいかがでしょうか?実績が多く残っています。

このブログ記事について

このページは、webmasterが2010年5月21日 13:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「電車の広告やテレビCMで過払い金返還についてみることはあっても、自分が請求可能かどうかは、なかなかわかりません」です。

次のブログ記事は「過払いに関する法律を勉強するには」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。