2010年5月アーカイブ

もし大阪で過払いしたときは

みなさんは過払いしていませんか?そこでもし大阪で過払いしたときは是非弁護士や法律のわかる人に相談することをおすすめします。結構みなさんもチェックしていないかもしれませんが、払いすぎていたりしているんですよね。完済していても、取り戻せる場合もあります。
しかし、自分たちで交渉することも難しいものです。そこで頼りになるのが弁護士です。弁護士に依頼すれば貸金業者に弁護士から「受任通知」を送ることによって、本人への督促や取り立ては止められるのです。これで安心して生活が出来るようになりますよね。まずは、自分が払いすぎていることに気づいていますか?5年以上払い続けていれば過払い金が発生しているかもしれませんよ。そして今までもう払ってしまったという方でも10年までは請求することができるのです。まずは、大阪の弁護士に相談してみましょう。きっと力になってくれます。不安に思っているなら相談して自分はどうなのかチェックしてもらうといいですよ。いい解決方向に向かうといいですよね。
大阪弁護士会はこちら

みなさんは大丈夫ですか?今、借金を消費者金融からお金を借りているならきちんと調べてみてください。長期にわたって債権者と取引のある方の場合には、払い過ぎが発生している場合があるんですよ。そこでこれを債権者に対し請求することができるのです。そこで大阪で過払いしたときは是非弁護士に相談してみましょう。大阪は頼りになる弁護士がいます。かなり実績を持った方が多いのでいいと思います。もし、心配ならまずは無料相談があるので聞いてみるといいかもしれません。そこで自分が過払いしているのかがわかると思いますよ。もし過払いしていることがわかっても自分ではどうやっていいのかわからない方がほとんどだと思います。そこで弁護士など法律に詳しい方の力が必要になってくるので。そういう方に任せればきちんと手続きをしてくれてもう、悩まないですみますよ。早めに相談した方がいいと思いますよ。もし、その会社が破産されてしまったら戻ってもなくなりますからね。

最近は、不景気のため、リストラや企業の倒産や給与が減少したりなど、あまり良い話は聞きませんよね。
そんなとき、借金をしていたりすると、途端に借金返済に響いてきます。
借金もいろいろな借金がありますと、複数借金をすると、最終的にかなり利息が高いものに手を出してしまうこともありますよね。
そんな高い利息を払うだけでも大変なことです。
ただそんな高い利息。
本当に利息が適切か考えてみたことはありますか??

まず、過払いとは何でしょう。
過払いとは、利息制限法を越えた金利については無効とし、払いすぎた部分は負債の元金に相殺計算することを繰り返し、約定の負債が消滅したのちにも返済を継続したことにより発生した過払い金の返還請求をおこなうことにより、払いすぎ金利を払い戻すことができます。民法で言うところの不当利得返還請求の手続きとなります。
ただし、こういった法的な手続きとなると、自分ひとりで考えることはなかなか難しいですね。
やはり一度、法的な相談に乗ってくれるところに相談し。

大阪であろうが、東京であろうが、そのほかの地域であろうが、共通して言えることでありますが、現在高金利の業者に継続的に支払い続けている場合には、そのまま相手のいいなりになって払い続けるのはやめなさいといいたいのでありますね。
そしてそれと同時に、全部を自分だけで解決しようとしてはいけないのだといいたいのでありますね。まずは現状の把握、正確な金額までは分からなくても、概算であっても、利息制限法の上限金利に引き直して計算した結果、どのくらいの債務が存在しているのかを専門家の手助けをかりて把握するのが借金問題解決の第一歩とおもいますので。
そんなわけでありまして、大阪で過払いしたときは専門家の支援を受けて解決しようではありませんか。その専門家でありますが、そのひとつの答えとしては大阪にある評判の高い弁護士さんに依頼することではないかとおもうのでありますね。その弁護士さんだと親身になって対応してくれるかとおもうのでありますね。
もちろん経費はかかって手元にいくら残るかわかりませんが、それ以上脅えるよりもここで終止符を打ってその恐怖から解放されようではありませんか。
弁護士さんは、お近くの弁護士会に電話して、最寄りの法律相談会を紹介してもらえれば、すぐにでも見つかるでしょう。または、日本司法支援センター、通称法テラスの法律相談会を利用するのもいいでしょう。

過払いに関する法律を勉強するには

過払い金の返還請求をしたいと思ったときにはどうするかといえば、やはり専門家に相談することになると思います。自分でやるという選択肢もありますが、素人がいくら勉強しても、プロにはかないませんし、あとから「やっぱり専門家に依頼しておけば・・・」となる可能性もあります。

僕の場合にはこういう経験はありませんが、リスク管理として考えておく必要があるのではないかと思っています。これからの時代にはもっとこういうことについて情報収集しておきたいですね。

大阪にはこういうことを相談するところも多いようです。弁護士や司法書士の事務所もたくさんありますし、市役所や法テラスで開催している無料相談会に参加するのもよい方法だと思います。積極的にこういうサービスを利用していくことが必要なのではないかと思っています。これからの時代にはもっとこういうことも考えておきたいですね。僕自身ももっと関心を持っていきたいと思っています。そうすればいざ自分がそのようなことになったときにどうすればよいのか分かります。そういった点を考慮しながら自分自身がもっとこういう法律に詳しくなっておきたいですね。法律に関係する書籍は、一般の書店にはなかなか売っていませんが、以前たまたま大阪地方裁判所に行くことがあり、そのときに地下に下りてみると、たくさんの専門書が売っていました。ほとんどが法律の専門書で、過払い金に関する書籍もたくさんありました。こういった書籍で勉強すれば、自分で過払い請求も可能かもしれませんね。

 過払いとは、利息制限法に決められている利子よりもはるかに越える利率を設定することで、借主が、利息制限法に従った金利率だったら借りたお金の支払い(返済)がとっくに終了しているのにも拘わらず、返済を継続していた為に消費者金融会社などに余分に支払ってしまったお金のことをいいます。要は「払いすぎたお金」という意味です。以前は、貸金業規制法43条という条文があり、例外的に利息制限法の上限を超えた金利が有効となることがありました。しかし、判例の積み重ねにより、実質的に43条は無効化されたのです。これが、過払い金が発生した事情のひとつです。
 過払い金返還請求は、債務整理(債務整理には自己破産、個人民事再生、任意整理、特定調停などがあります)の一つの手段として数えられます。過払いに対応するものは任意整理となります。任意整理とは法律専門家が貸金業者と話し合いをし、借金の総額や返済期間などを新しく決める方法です。返済金額を少なくし、分割支払いとなるよう話し合いを進めます。
 借金がとっくに返済が終わってるはずなのに終わらない人、東京周辺だったら東京の、関西、大阪に住んでいる方だったら大阪の弁護士に相談してみてはいかがでしょうか?実績が多く残っています。

実際返済してる最中ですと、きっと「過払い」って何?的な疑問を持たれるかもしれません。私だってこうしてネットでようやく知ったのが一昨年くらいのことだったでしょうか?電車の広告やテレビCMで過払い金返還についてみることはあっても、自分が請求可能かどうかは、なかなかわかりません。請求できるかどうかわからないのに、相談してみる気もなかなか起きないとおもいます。そもそも、過払い金っていったいなんなんでしょうか?

多分、お金の払いすぎって事は容易に想像がつくと思いますが、この法治国家である日本でそういった間違いが起こるはずが無かろうって思うのが善良な市民ってものです。今となっては消費者金融もほとんど銀行の傘下に入ったんじゃないかなって思うけど、まあそれはいいとして、とにかくこの世の中日本といえども良い人ばかりではない。法律のグレーゾーンを利用してかなり法外な利息を掛けてたなんていうのが当たり前のように横行してた時期があったんですな。それもごく最近まで。さて、ここからが本題ですが、細かい事は抜きにして、そうした消費者金融とかから借り入れをして、数年間支払ってる方、又は完済された方。今すぐ・・じゃなくてもいいんですが、暇があったら一度弁護士さんですとか司法書士さんに、「過払いになってるなんて事あります?」的に聞いてみましょう。

すでに返済が終わってしまった方も確かめてみる価値がありますからね。そう、返しちゃっても過払いだったら取り返せるんですよ。タイムリミットは返済完了後10年。どうでしょう?取り返せるもんは取り返しませんか?

このアーカイブについて

このページには、2010年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年4月です。

次のアーカイブは2010年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。