過払い金の時効は、取引終了後10年となっています

過払い金って知っていますか?
消費者金融でお金を借りると、利息がとられるわけですが、この利息、業者に言われるがままに払ってはいませんか?
お金を借りるときに発生する利息は、法律で何パーセントから何パーセントまでというように決まっているんです。
法律のことを知らず、業者から高額な利息を要求されて、支払っている方、ちょっと待ってください。
今まで払いすぎていた過払い金を取り戻すことができるかもしれないんですよ。
現在、借金を返している人だけでなく、すでに借金を返し終わった方にも過払い金を取り戻すことはできるんです。
時効は、取引終了後10年となっています(最高裁平成21年1月22日判決)。
借り入れをしたのがずっと昔でも、取引が終了していなければ、時効にはなっていませんので、諦めてはいけません。
大阪近辺にお住まいの方、大阪には多重債務や過払い金の相談に乗ってくれる事務所が数多く存在します。
ホームページにいろいろな情報が乗っており、自分の今の状況を無料で診断してくれたりしてくれるんです。
泣き寝入りせず、まずは相談してみましょう。
借金を減らせるかもしれませんよ。

このブログ記事について

このページは、webmasterが2010年4月15日 14:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「司法書士事務所や弁護士事務所に相談して、 過払い分の返還請求を依頼」です。

次のブログ記事は「消費者金融と長期間取引がある人は」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。