消費者金融と長期間取引がある人は

昔、「なにわ金融道」とか「ミナミの帝王」などの消費者金融や悪徳金利貸し付けがでてくる漫画をよく読んだせいか、大阪というとお金のトラブルが多い街、というイメージがついてしまいました。商業の街なので現実にお金にまつわるトラブルは多いかもしれませんが、マンガほど極端に怖い目にあうこともないとは思うんですが。最近読んだ漫画では、大阪が舞台ではありませんが、「闇金ウシジマくん」という漫画は、ミナミの帝王よりも怖かったです。ブラックなエピソードが多かった・・・。

知らないうちに金融業者に余分な過払いをしてしまっている、という人は多いのではないでしょうか?自分できづいたものの、対処法がわからない、結局業者のいいなりになってしまっている人は、早いうちに対処しないともっともっと大変なことになってしまいます。大阪でサラ金やマチ金から借金をして、長期間貸し借りを繰り返している、という人は、弁護士さんにまず相談してみましょう。直接相談にいく時間がない人や勇気がない人はメールや電話でも相談OKなところが多いし、なにしろ大阪は弁護士事務所が多いのです。面倒な業者との交渉もプロに助けを求めることで解決策が見つかって、心の荷もおりることでしょう。

このブログ記事について

このページは、webmasterが2010年4月16日 10:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「過払い金の時効は、取引終了後10年となっています」です。

次のブログ記事は「消費者金融からの借り入れをきっかけに、多重債務に陥る例もあります」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。