消費者金融からの借り入れをきっかけに、多重債務に陥る例もあります

 不況が伝えられていますが、中でも大阪では企業の倒産やシャッターの閉まった商店街など、厳しい状況が広まっています。
 こうした状況の中、消費者金融からの借り入れをきっかけに、多重債務におちいる例もあります。銀行では低い利子で借り入れができますが、最近は住宅ローン以外で個人にお金を貸したがりません。事業用以外ではほとんどお金を貸さないと言ってもよいでしょう。そして、生活費等の理由では審査に通らないため、審査が軽い分利息の高い消費者金融から借り入れをすることになるのでしょう。利子が高額になって元本が減らず、借金を返すために借金を重ねて深刻な状況におちいってしまう恐れがあります。
 こうした借金の問題の解決策はないのでしょうか。
 実は、利子を払いすぎていた場合、取り戻すことができるのです。
 法律で定められた以上の利子(過払い金)は、返還しなければなりません。長年、消費者金融に借り入れている場合は過払い金の可能性を考えてみましょう。
 過払い金の返金のためには裁判での訴訟が必要となります。確実に過払い金を取り戻すためには、法律の専門家の力を借りたほうが確実に取り戻すことができるでしょう。
 法律事務所では無料相談を受けることができます。不安があれば無料相談を受けてみてはいかがでしょうか。

このブログ記事について

このページは、webmasterが2010年4月17日 17:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「消費者金融と長期間取引がある人は」です。

次のブログ記事は「友人の過払い請求の体験談」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。